忍者ブログ
秋葉紅のブログです。ポケモンや擬人化の話など。気が向いたら。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宵闇に紛れる、白

チュカリです。多分。パロディです。ボカロのとある曲のパロディです。

未完です(ぁ
永遠に未完です(ぇ

良いですかー?



 

 闇が世界を支配する、夜。
 影に隠れて、人在らざる者が潜む、宵闇。

 彼の者もその一人であった。人在らざる者である証、純白の羽を力無く項垂れさせて、壁に手をついて、ゆっくりと歩いている。
 見れば、天使の服は泥、そして紅で汚れていた。天使自身にも細かい傷が目立つ。荒い息を必死に顰めて、一歩、一歩と。

「逃げなきゃ……」

 天使は呟いた。その呟きは決意に満ちている。どれだけ傷つこうが、体が悲鳴を上げていようが、天使は行かなくてはならなかった。

「っ!」

 体が地面にたたきつけられる。転んでしまったのだ。天使は悲鳴を押し殺した。痛い、痛い! 体が悲鳴を上げる。もう、体も限界だった。随分前から悲鳴を上げていたのに、その身体を酷使していたのだから、仕方ないのかもしれないが。
 天使は身体に力を込めて、立ち上がろうとするが、体は言うことを聞かなかった。力なく地面に横たわる。

「っは……ぁ、う……」

 ずきり、と肩の、一番大きな傷が疼いた。また開いてしまったかもしれない。もう、体を動かすことは出来なかった。

「……大丈夫ですか?」

 男の、声。知らない、人。天使は無い力を振り絞って、声のした方を見た。心配そうな、慌てた顔をしている男がこちらを見ていた。

「あ……」

 人に見られてしまった。見られてはならないのに。隠れなければ。捕まる前に!
 天使はぼんやりとした思考でそこまで考え、けれど何もできないまま――意識を失った。

 

 

 暖かい、気配がする。
 意識が覚醒した天使が最初に感じたのは、それだった。次いで、目に入ったものは、見知らぬ男。ぎょっとして、体を起こそうとするけれど身体が悲鳴を上げて、シーツに逆戻りする。
 少し記憶を辿れば、男は意識を失う前に、自分に話しかけた男だということが分かった。
 身体を見やれば、大きな肩の傷には包帯が巻かれ、他の傷も消毒されているようだった。

(……助けて、くれたんだ……)

 男を見る。男は、ベッドに寄りかかる形で眠っていた。その手は、天使の手に伸びている。それで、初めて気づいた。自分の右手が男の手と繋がっていることに。自分でも知らぬ間に握りこんでいたらしい。
 随分、自分は彼に警戒心を失くしているようだった。意識を失くしている間のことだから、なんとも言えないけれども。

 優しい人もいるのだな、と天使は思った。
 今まで、人に捕まれば、羽をもがれ奴隷扱いされるか、羽は取られずとも売られ、やはり奴隷のごとく弄ばれるのだと思っていた。そう、教えられてきた。
 けれど彼は自分を手当てしてくれて、売り払ったりも、羽を盗ったりもしなかった。……もしかしたら、自分を信用させるための演技なのかもしれないけれど。


 ううん、と彼が唸って、身じろぎをした。反射的にびくりと身体が震える。緊張が身を包んだ。
 ゆっくりと目を開けて覚醒した男は、目覚めた天使を見て目を丸くした。天使は、彼の目を見て、驚いてしまった。

 きれいな、ぬばたまのひとみ。

 男は慌てて身体を起こす。

「わわ、ごめんなさい! 起きたんですね、良かった。今まで三日も寝ていたんですよ?」

 男の言葉に、今度は天使が目を丸くする。

「三日……?」
「はい。あ、水持ってきますね」

 天使の声がかすれていたからか、男は繋いでいた手を離して、部屋から消えた。
 天使は、先程見た彼の瞳を忘れられなかった。

 ……手が離れた事を寂しく思うのは、きっと、気のせいだ。


・・・・・つづかないよ!(ぁ
何も始まってない小説とか残念すぎますが、まあいいんです、ええ(よくない
最近「秘蜜~黒の誓い~」をよく聞いてるんですが、気づいたら書いてましたね。なんか歌とは全然違くなってしまいましたけどね。夜の時点でおかしい。歌は夕暮れだ。

皆多分分かると思いますけど、天使はリータです。で、男はチュカですね。
余談ですが私は男という表現が大嫌いです。でも男子もおかしいからもっぱら少年表記。でも今回少年だと雰囲気がなんか違う気がするので泣く泣く男に。余談長い。

↓元曲聞いてから推奨。この後の話。
ちなみに、ここでチュカに一目ぼれしたリータは怪我が治った後チュカの元を離れ天界に帰るのですが、チュカが忘れられない所を悪魔のカゲトくんにそそのかされて堕天してしまいます。
天使は羽を隠せないけど堕天使は羽を隠せるというどう考えても変な設定。
それで羽を隠して、人としてチュカに再会します。
歌みたいに性別は変わりませんが、天使時→緑髪赤目・ポニテ 堕天使時→黒髪紅目・下で一つ結び みたいな。これだけで誤魔化せるわけないですがそこはまあ、チュカが鈍かったということで(ぁ 後天使さまはずっと名前教えないままです。
それでまあ、二人が仲良くしてるわけです←
このあとは歌と大して展開変わらないですね。姉のリリバさんがチュカを殺してリータが自分の命と引き換えにチュカ助けてバッドエンドです←
どこからどうみても矛盾しかないので書きませんけど。妄想って楽しいですよね!(ぁぁぁ

そういえばブログでまとまった文出すの初めてですね。今までのは小説じゃないですし(ぁ

PR
comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 303 - 302 - 301 - 300 - 299 - 298 - 297 - 296 - 295 - 294 - 293
prev  top next
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つなビィ
最新コメント
[05/14 疾走屋]
[10/28 疾走屋(元・熊月)]
[09/12 まゆ]
[08/11 見知らぬ人]
[07/29 そか]
プロフィール
HN:
秋葉紅
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
読書、らくがき
自己紹介:
亀よりも動きが鈍い
カウンター
ブログ内検索
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]