忍者ブログ
秋葉紅のブログです。ポケモンや擬人化の話など。気が向いたら。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンリーフ4

 リータがチュカと住むようになって、一週間が経った。
 広場の皆ともほぼ打ち解けて、毎日皆から話を聞いて日々を過ごしていた。
 チュカは実は寝起きがそれほどよくないらしく、初日以降リータの方が先に起きてきている。先にご飯を食べるのは申し訳ないので、チュカが起き出すまで、リータは家の周辺を散歩することにしていた。
 一回りして、家に入ろうとした時。
 焦った顔のヒトカゲが、家へと駆け込んできた。
「……どうしたんですか?」
「へ……? え、チュカの知り合い?」
「は、はい」
 ヒトカゲはそっか、とだけ言って、家に入って叫んだ。
「チュカ!起きろ!」
 チュカの知り合い、らしい。汗をぬぐって、チュカが寝ている部屋へ入っていく。どうすればいいのか分からなくて、リータもそれに続いた。
「……カゲト、?」
 寝ぼけ眼のチュカが起き上がってカゲトと呼ばれたヒトカゲを見る。カゲトが息をついた。
「朝早くに悪い。……話があるんだ」


 -Chapter4 : 海岸洞窟―


PR
白軍でチャットというかスキットというか対談というか


テイルズのチャットとかそんな感じのあれです←
性格というか動きがよく分からないから、動かせばいいかなと思ったんですが学パロが進まないんでチャットっぽく。
でも全員とか書けないんで二人で会話してます←
で更にネタがないんでヴェルデと誰かしかないです←←
ネタがあれば全員分できます多分←←←

それなりの量なんで畳みました

ジャッロの話しかけられた時の反応 *追加しました


ジャッロの話しかけられた時の反応

1.知り合いに話しかけられた 例:ヴェルデ

ヴェルデ「ロウ?」
ジャッロ「? あ、ヴェルデ。どうした?」


2.知らない人に話しかけられた

誰か「すみませーん」
ジャッロ「えっ、な、なんだよ?」(びくり


3.知らない人に話しかけられた(外見怖い人(?)の場合)

誰か「なあ、」
ジャッロ「っ、ななな、なんです、か……?」(びくびく


4.苦手な種族に話しかけられた

誰か「あのー、」
ジャッロ「うわああっ!? すみませんごめんなさいええっと……なんです、か……?」(びくびく


いつのまにか敬語になってる件について
おくびょうというかただのビビリですよねこれ

かみやさんに聞かれたので追加してみました↓

「……あれ、俺の出番は?」「次じゃん~?」

白軍六匹目のシンボラーさん↓

・ジャッロ
・女
・ヴィレットより年下、マローネより年上
・身長もそのくらい
・おくびょう
・物をよく散らかす

「ボク? ボクはジャッロ。言いにくいだろうし、好きに呼べよ……なんだよ睨むなすみませんごめんなさい」
「ごっごめんなさいマジすみませんでもわざとじゃねえよ!」
ボク/キミ
・口悪い。でも尾語には大体すみませんとかごめんなさいとか

・通称ローちゃん。またはロっちゃん
・極度のビビリ。お願いだから睨まないで。
・慣れればそうびくびくはしないけど初対面とか多分無理。強気のように見えるが口が悪いだけ。強気何それ美味しいの。
・もし自分の部屋を持ってたら二日でカオス。片付けられないんじゃなくて散らかしてるだけだ
・決して片付けられないわけじゃ・・・・嘘ですすみません
・料理とかお菓子とか作るの好き。作って食べて、片付けは他の人。罪悪感はあるが自分でやっても悪化するからどうしようもない

だいたいこんな子です。名前は…まだ変わるかもしれないですが。ほんとどうしよう……。


本題↓

そういえばちょっと前に書き終えてそのまま放置してましt(爆

白軍で学パロです。
サンリーフからミリさんが先生として出張してます。
アズーロ・ヴィレット→三年
マローネ・ビアンコ→一年
ヴェルデとローちゃんは今回出てこないし書いたらネタバレと化しまs(ry
面倒くさいので二人とも同じクラスということになってます。ミリは三年組の担任です。
アズーロは留年で三年。設定年齢に大体比例しつつそのままじゃありません(ぁ
…まあ、細かいこと考えたら終わりです。
そんなわけで追記からどうぞ~

1.
月光の下

ハロウィンということで書いてみました。
黒歴史サンナッツのリリバとソクノが出てきます。というかそいつらしか出てこない。

短いですよ!←

W軍設定(あと一人になりました

有言不実行ですねいつものことです。一人しか分かる人はいるまい。
そんなわけでホワイト軍ですー
文章だけ。ええ文章だけ。画像はまだです。多分テスト終わって文芸が冊子出した後くらいには出せる……といいなあと思います(ぁ
その前にルーインズ書けよという。

ちなみに私はキャラ被りをどうにもできないので性格又は個性が被ると捕まえ直しする人です。おかげでアズーロさんがボックスに6匹ほど・・・・・それでもなんだかキャラ被りしてるのがいます\(^o^)/

そんなわけでホワイト軍です(二回目
一応畳みました。簡易です。仮です。多分変わります。

追記:ヴェルデだけ画像出しましたー。が重すぎて張れなかったのでアドレスからどーぞ。携帯にはきつい重さな気もしますが……。
一日一人出したい。実際出せたら奇跡だと思います。テストなんか知りませn(ry
いつもの五倍くらい適当です(ぁ

かみやさんへ→
フィルヤさんも格好良いと思いますです^^ ・・・・・皆寝るの好きなんですねえ(ぁ
あれに色つけるとあんな感じの残念な絵になります^^;
宵闇に紛れる、白

チュカリです。多分。パロディです。ボカロのとある曲のパロディです。

未完です(ぁ
永遠に未完です(ぇ

良いですかー?

出番待ちの人たち(爆
ウミカゲトミリ


「ねぇ、カゲトー」
「んだよ」
「ボクらの出番っていつなのかなー?」
「さぁな」
「……ツレない」
「オレのせいじゃねーし。ナツがオレのキャラ忘れてるからだろ?」
「うわっそれ言っちゃダメでしょー」
「そんなんオレが知るかッナツが悪いんだ!」
まぁそれは否定しないけどー。ボクもなんか幼稚化してない?」
「それはもともとじゃね?」
「うわっひどーい!」
「あっはっは」
「――インブレs「いや待て待待て待ててそれどう考えても使える技じゃないだろ。ジャンル違うだろ。大体それ詠唱しないと発動しないだろ!!」
「えー気のせいじゃない?」
「気のせいじゃない!!」
「むー……、あ、ねぇミリー!! カゲトがいじめるー!」
「ちょΣ?! いじめてねーよいじめてなんかねえってちょっと待てオレいじられキャラじゃねえよこんなにヘタレてねぇよむしろ初期設定だとウミと一緒に悪戯するようなキャラだぞ?!」
「そんなの私は知りませんよ。でもまあ、とりあえずカゲトにはお仕置きですかね?(にこ」
「っくそだんだん腹黒になって来やがって……!!」
「今なんか禁句が聞こえましたねー気のせいですかねー♪」

ドカバキッ!!

「ぐは……っそ、だからオレはいじられキャラじゃねーっつの……」

バタッ

「あはは、カゲトざまーみろ♪」


終わり(ぇ


なんかgdgdですね!(ぁ
まぁ思いつきで書いたから良いんだ、うん……。
いえまぁほんとにカゲトのキャラが掴めません(ぇ
ソクノほどじゃないんですが。とりあえずカゲトの初期は本当にウミと一緒に暴れまわる役でミリは二人の保護者的な感じになるはずだったんですけどね。
だんだんヘタレになってゆくという。ヘタレ=苦労人だからカゲトかわいそう……(ぁ
本編だと多分ここまでにはならないと思うんだ。きっと初期と変わらないような動きをしてくれるって信じてる……!(ぇ
ちなみに途中でウミが使おうとしたのはインブレスエンドです(ぁ テイルズです←
ポケモンは氷あるからインブレスって確実氷技のようn(強制終了(ぁ
知らない蒼穹に想いを馳せる

 

「おーい!」
 呼びかけられたから、足を止めて振り向いた。
 今俺を呼んだのは、俺のともだち。
「なんだ?」
「なんだ、じゃないですよ! 呼んでますよ!」
 息が荒い。
 体力無いのに走るからだ、ばーか。
「呼んでるって……-が?」
「そうですよ……っていうか、僕はそこまでひ弱じゃないです。証拠見せますか?」
 げ、内心読まれた。
「遠慮しとく。家行きゃいーんだな?」
「ええ」
「お前はどーすんだ?」
 つか、むしろ一緒に来るもんだと思ってんだが、あってんのだろうか。
「もちろん、僕もついていきますよ?」
「だよな。じゃ、さっさともどろーぜ!」
「ですね」
 俺は駆け出した。

 ふ、と上を見る。

 いつもと同じ、灰色の空。

 昔の空は、蒼かったらしい。

 ……蒼ってどんな色なんだろーな。

 いつか、分かるときが来るんだろうか。

 その時は、皆で見れたら良いと思う。


 top
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つなビィ
最新コメント
[05/14 疾走屋]
[10/28 疾走屋(元・熊月)]
[09/12 まゆ]
[08/11 見知らぬ人]
[07/29 そか]
プロフィール
HN:
秋葉紅
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
読書、らくがき
自己紹介:
亀よりも動きが鈍い
カウンター
ブログ内検索
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]